タイ日記14

は~い!ども!!
おはようございます!
今日もいい天気ですね。
最近タイでは、雨に当たる回数も減ってきたので
快適ですね。

 

昨日は、現地の人に連れられてBARに行ってきましたね
こっちでのBARは初めての体験だったので
とても楽しかったですね。
でも、ずーっとビールを飲んでいたので
すごくきついですけど。

 

普段あんまりビールを飲まないので
あんなにビールを飲む機会はそうそうないですね。
お仕事のお付き合いの時ぐらいですね"(-""-)"

さて、今日はタイで初めての男女のお話について
書いていきたいと思います。

といっても、昨日の場合は
男性が日本人で女性が通訳の仕事をしているタイ人
だったので
ほとんど日本語だったんですけどね。

 

まず、最初になんですけど。
心配って文化は日本だけなんでしょうか。
いや~単語だけじゃわかんないですよね。
言い方を変えると
女性を夜遅くに一人で帰宅させるのは
海外だと普通のことなんでしょうか??
その文化の違いがあるのかもしれないんですけど。

ざっくりと説明すると
「心配だから送っていきたい男性と、友達がいるからまだ遊びたいけど
体調がよくない女性」の言い合いだったんですけどね。

 

時間的な流れから説明していくと、
12時ぐらいまでBARで飲んでいたんですよね。
それから何をしようか?ってお話になったんですけど
クラブに行くって話になったんですよね。

 

僕も誘われていたんですけどね
基本的にめんどくさいので up to you って言ってるんですよね
そんなことはいいんだw

クラブって基本的にサンダルだめじゃないですか?
一人の男の子がサンダルで来ていたので入れなかったんですよね。
残念なことに
この子がサンダルで来ていなかったら
まったく問題はなかったんですけど。
その日はサンダルの日だったんですよ。

 

なので、僕とその男の子が帰ることになって。
僕が一緒に帰ることになったのは、僕の家に帰る予定だったからなんですけどねw
そしたら、女の子を連れて帰るって男の子が言い出したんですよね。
流れ的にはざっくりとこんな感じです。

 

まったく~痴話げんかに巻き込まれましたよ!!
まぁ!その二人付き合っていないらしいんですけどねw
というか、男の子が付き合う気がないらしいので
最初からうまくいく確率がゼロの勝負なんですよね。
それも後から絡んでくるので!

 

男の子の主張は
「こんな夜中に一人で返すのは心配だから送っていくよ」
女の子の主張は
「友達も男の子もどっちも大切だけど、友達が起こるから残るよ、一人でも大丈夫」

すご~くありがちな展開ですよね。
これが次第と口論になっていくんですよね。
僕まったく意味が分からないんですよね~それで口論になる意味が!
どっちの主張もわかるんですよね。
すごく!

 

それでけんかになっちゃうわけですよね。

甘ったるくて、口から砂糖が出るかと思いましたよ!!

 

その間に挟まれている僕 ^^) _旦~~

もうやってられないですよねw

あ~実は日付が変わっちゃってて、何を書こうとしていたのか

よく覚えていないんですよね。

話の構成とかも行き当たりばったりなんで!w

 

たぶん、この話は女の子の独り相撲なんですよね。

というか、その女の子はいろいろあきらめている気がするんですよね。

なんだか、自分はだめだみたいな感じの

すっごく優秀なのに!!

 

なんだかもったいないですよね。

というか、そういうのはどこの世界でも変わらないんだな~

って少し感心したくらいですよね。

まったく、男も女もどこの世界でもかわらないもんなのでしょうか?

 

アメリカ人とかイタリア人の人たちは、どこでも熱々見たな感じの愛情表現

ストレートな感じが素晴らしいんですけどね!

 

やっぱり一気に書いてしまわないとだめですね!

そんな反省とともに久しぶりの男女の話題でした。

後半のぶった切りがすごかったですね!

ではでは、この辺で!!